株式会社リサーチサポート トップページ >> 官公庁・自治体 >> 【会議を生産的な時間に変える】会議の進め方研修

【会議を生産的な時間に変える】会議の進め方研修


会議の進め方研修



職場内で、以下のような会議になっていませんか?

・開始時刻になっても会議が始まらない、予定通りに終わったことがない
・横道に脱線したまま本題に戻れない、上司の独演会で誰も口を挟めない
・出席者全員シーンと黙ったまま、勝手に内職しても黙認される
・最後に結論がひっくり返される、参加しても参加していなくても結果は同じ
 

研修では、会議を賢く運営し生産的な時間に変えるノウハウを身につけて頂きます。

会議準備から進行のイロハ、様々な弊害の除去、目的に合致した結論を短時間で導き出す
会議運営のテクニックを学び、明日から「会議の仕切り屋」としてのファシリテーションスキルを
職場で実践して頂きます。
会議の進め方研修 カリキュラム
      2日目

◆成果の出る会議【演習1】
・会議の立ち上げ
・目的・論点の整理
・沈黙の打開
・対立の収拾
・エンドレスの回避
・合意形成
・実行計画の作り方

◆「会議の仕切り屋」として成功する7つのコツ
1.常に時間を意識する
2.会議の必要性を周知する
3.準備万端整える
4.会議のルールを明確にする
5.複雑な内容を視覚化する
6.「分かりやすさ」を追求する
7.達成感を共有する

◆成果の出る会議【演習2】
・問題解決へのアプローチ
・主観的な問題の共有化
・選択と意思決定、計画のプロセス

◆研修のまとめ
・楽しく、有益な会議のために

      1日目

◆オリエンテーション

◆この点がダメ会議

◆会議が上手くいかないワケ
・会議が長引く2つの要因
・会議の質が組織活性化を大きく左右する

◆会議はこうして変えられる
・そもそも、それを会議で話し合うべきか?
・会議のパフォーマンスを劇的に変えるポイント
・会議の時間と成果の相関関係

◆会議における「仕切り屋」の役割
・会議を効率的に進める3つの役割と適性

◆必ず成果を出す会議の作り方
・会議の流れ⇒事前準備・会議中・会議後
・主催者・参加者が実行すべきこと

◆実践:会議運営法
・会議の「見取り図」を作る
・導入~議論までの道筋を作る
・意見を引き出し、会議を活性化させる
・議論を収束させ、結論を纏める
・決定事項を周知し、合意形成する

◆1日目研修のまとめ
・2日目演習概要の説明


官公庁・自治体研修一覧に戻る


お問合せ・お申込み・資料請求はこちらから