モニタリング調査

本調査の目的

本調査は、企業における電話応対の実態把握のための調査です。

企業に電話をかけて下さったお客様が「感じが良い」「信頼できる」「納得できた」「この企業なら安心だ」と判断していただく為には、1本の電話で最低20~25項目の調査項目を満たしていることが条件となります。

調査の大きな項目につきましては、「電話のオープニング」 「基本的なマナー(声、言葉遣い)」「コミュニケーションスキル(会話の展開の仕方、説明力)」 「業務知識(情報提供の量や質)」「クロージング(感謝の表明)」 等がございます。

まさに1本の電話における「企業の実力」を、本調査で実態把握いたします。公平な実態把握はもちろんのこと、結果を指導・教育に活かすことを前提とした調査です。

プログラムの基本フロー

images

【ランクD・E】CS理解と顧客対応研修「安心と信頼を提供する」

【ランクC】CS強化と状況対応研修 「処理に慣れすぎない感性の醸成」

【ランクA・B】コンサルテーション強化研修 「お客様の感情浄化を促しファンにする」

(最終更新日:2015年8月1日)
imagesミステリーコール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加