HOME > 研修一覧 > 店舗経営CS向上施策 > 相手に必ず「行動」を起こさせる 伝え方の技術研修

相手に必ず「行動」を起こさせる 伝え方の技術研修

ビジネスコミュニケーションの問題点

~あなたのビジネスコミュニケーションは、上手くいってますか?~

上手くいかないコミュニケーションとは

1.お客様に「伝えたはず」が伝わっていない

2.「わかりました」と言ったお客様に逃げられてしまう

3.上司からの指示を理解したはずなのに結果がずれてしまう

4.謝っているのにますます拗れてしまうクレーム応対...etc

上記の症状が、職場で、あなた自身に出ているとしたら、ビジネスコミュニケーションが上手くいっていない危険信号です。

この危険信号の共通点は、「関わる相手が不在」の一方的コミュニケーションにあります。確かに目の前に関わる相手は存在しているのですが、ビジネスの目的を協働で成し遂げようとする巻き込みがないため、発言や思いが、空回りしてしまう状況なのです 。

研修のねらい

・ビジネスコミュニケーションが上手くいかない要因を理解する

・ビジネスにおける「失敗の原則」と「成功の原則」を理解する

・ビジネスを成功に導くP to P のコミュニケーションスタイルを認識する

・ビジネスにおける失敗の要因を自己分析する

・ビジネスを成功に導くモデルスキルを徹底習得する

ビジネスコミュニケーションは目的を伴った関わりです。そのためビジネスの目的【PURPOSE】を両者で明確に共有し、その目的を達成するための段階を約束【PROMISE】を伴って両者協働で実行し確認しあう必要があります。これが、ビジネスコミュニケーションの節目を明確にしたスタイルがP to Pスタイルであり、すべてのビジネスシーンに適応できる「伝え方」の技術です。今研修では、「伝え方」の技術を理論と実践を通して段階的に学びます。そして、誰もが、ビジネスでの成功体験が得られる仕組みが体得できるよう、ビジネスモデルを活用して応用範囲を広げます。

P to Pの概念

Purpose(目的)自らの意思を明確に分りやすく伝える

【思考力・表現力】  目的を共有し、約束に結びつける

【傾聴力・質問力】  相手の意思や態度の変容を促す

Promise(約束)

コミュニケーションの達人になるために!

聞き手の存在を意識して「3P+T」の『伝え方の技術』を習得する!!

思考力(何を伝えるか)  +  表現力(どう伝えるか)

       ↑

     3P+T

Person(目的) Purpose(対象) Place(場所) Time(時間)

伝え方の技術研修 カリキュラム

店舗経営CS向上施策

ビジネススキル

接客接遇
コミュニケーション
マネジメント
パワーアップスキル
階層別研修
(最終更新日:2015年8月1日)
imagesミステリーコール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加