HOME > 研修一覧 > お客様相談室・コールセンター・カスタマーセンター向けCS向上施策 > スーパーバイザーのための指導力向上研修

スーパーバイザーのための指導力向上研修

SVとしての役割を再認識し、効果的なCmへの指導力を身につける

これまでCmの管理は、勤怠・実績・結果を把握、フィードバックし、実績の悪いCmの原因を究明する事により問題解決をするとされてきました。

しかし、今、求められるCmの指導は、実績・結果ばかりではなく、それを生み出す顧客応対のプロセスを効果的にコーチ・指導する事で成長を促進する、というスタンスが求められます。

本研修では、自立して実績を上げるCm育成の為に、応対品質結果のフィードバックに必要な指導法について、コーチングスキル、カウセリングスキルを習得することを狙いとします。

また、定着率を上げるために避けては通れないCmへのメンタルフォローやモチベーション管理についても習得いただきます。

研修のねらい

1.指導者であるSVのサービスマネジメント能力の向上を目指すとともに、職場全体でCS度の向上が図れるような体質づくりを強化します。

2.限られたコーチングの機会を最大限有益なものにするために、Cmの応対品質のフィードバック法とコーチングの実際をロールプレイングで体得します。

3.Cmのモチベーション対策につながる日常的なコミュニケーションケアをロールプレイングで体得します。

「スーパーバイザー指導力向上研修」1日間

「スーパーバイザー指導力向上研修」2日間

(最終更新日:2015年8月1日)
imagesミステリーコール
  • このエントリーをはてなブックマークに追加