HOME > すべてのセミナー > 無料セミナー > 組織ぐるみで取り組むべきカスハラ対策・ 障害者差別解消法の改正

【5/22 リサーチサポートWebセミナー】組織ぐるみで取り組むべきカスハラ対策・ 障害者差別解消法の改正

対象 「お客様相談室」「コンタクトセンター」「顧客対応関連部門」「管理部門」などでお客様対応に関わる方、教育をご検討中の方
日時 2024年5月22日(水) 11:00~12:00(入室開始10:50)
受講料 無料
講師 工藤 アリサ(一般社団法人日本講師協会 理事講師)

講師の詳細をみる

会場 インターネット環境のある場所、どこからでもご参加いただけます

目次

講座概要

この研修では、障害者差別解消法の改正により2024年4月から何が変わるのか、それにより「担当者をカスタマーハラスメント」から守るための、組織としての取り組みをお伝えし、対策の一助としていただければと考えております。

実際の研修では、貴社ならではの事例を活用しカスタマイズいたします。
今回はそのダイジェスト版をご体験ください。

※「お客様相談室」「コンタクトセンター」でお仕事をされている方向けの内容となります
※1次応対者で参加希望の方は下記【お申込みにあたってのお願い】をご確認くださいませ

セミナー内容

  • 進行について

    2024年は、「カスハラ対策」と「障害者差別解消法改正」の2つの取り組みが組織の重要課題となります。

    それぞれ章を分けて進行いたします。

     

     

  • カスハラ対策

    1. 2022年厚生労働省に出たカスハラ対策の企業マニュアルの概要と現時点までの企業取り組みの経緯
    2. カスハラの定義と定義解説を4つのカテゴリーで理解する
    3. カスハラ対策の7つのガイドライン
    4. 組織として取り組むべきカスハラ判断基準とマニュアル整備
  • 障害者差別解消法改正

    1. 2024年4月から何が変わるのか
    2. 各障害の特徴
    3. 事業者に義務化された「合理的配慮」とは
    4. 組織で標準化すべき合理的配慮のための「建設的対話」
  • 併せて講ずべき措置

  • ※その他、弊社教育コンテンツのご紹介のお時間もございます

  • ★参加特典★

    当日ご参加された方には、 ミステリーコール1件をプレゼント!
    弊社登録講師が評価をいたします。
    (事前申し込み制・1社1コールまで)
    参加特典ご希望の場合、お申込みフォーム内上段備考欄に「特典希望」とご記入をお願いいたします。

講師紹介

工藤 アリサ(一般社団法人日本講師協会 理事講師)
工藤 アリサ(一般社団法人日本講師協会 理事講師)
成蹊大学 文学部英米文学科卒
丸紅株式会社を経て、研修コンサルティング会社にて研修企画、立案から実施、マニュアル作成、インストラクター、取締役研修部長として勤務。
現在、マネジメントサポート講師として20年以上に渡り、コンサルティング、研修開発、登壇と幅広く活躍し、わかりやすく実務にすぐいかせる指導には定評がある。

金融機関をはじめとして多業界における研修や階層別研修をはじめ、1500社以上にて登壇

会場案内

会場名

インターネット環境のある場所、どこからでもご参加いただけます

所在地

参加方法:Zoom

配信場所:東京都港区芝5-19-4 芝5ビル

お申込み関連情報

【お申込みにあたってのお願い】

  1. 1社2名様までのお申込みとさせていただきます。
  2. 1次応対者で参加ご希望の方は、室長・センター長等の責任者クラスの方とご一緒にお申込みをお願いいたします。
  3. 同業他社様および競合他社様、講師業の方の本webセミナーへのご参加は、ご遠慮いただいております。
  4. 教育・研修をお考えの責任者、教育ご担当者の皆さまへ向けたセミナーとなります。そのためセミナー後に、個別面談のため担当よりご連絡をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

【主催】

マネジメントサポートグループ 株式会社リサーチサポート

リサーチサポートは2006年に設立した、応対品質調査(電話・メール・対面)、CX向上研修・苦情対応研修等を得意とする教育研修会社です
東京都港区芝5-19-4芝5ビル TEL:03-5418-4600

株式会社リサーチサポートホームページ

 

リサーチサポートのCS向上、CX実現に向けたサービスはこちら